FC2ブログ

夫に感謝したこと

未分類
12 /12 2018
現在、夫が出張中の我が家です。

夫がいなくても家事も、育児も回せるよ!と強がってみる私ですが、
やはり改めて、夫に担ってもらってる部分は大きいなと実感しました。

些細なことなんですけどね。

仕事から帰ってきて、保育園から持ち帰った大量の汚れ物を洗濯しました。
そしてどうにかこうにか大量の洗濯物をベランダに干したのです。
夜干しからの、取り入れるのは次の日の夜という、
共働きなら仕方ないスケジュールなのですが・・・

その日は干した日は快晴だったのに、
次の日の夕方から土砂降りの雨になったのです。

もう、帰りの車の中で洗濯物のことで気が気じゃない。
すでに時間は19時。
子どもらの就寝時間も迫っているのに、
雨の中、雨に濡れた大量の洗濯物と今持って帰っている今日洗濯すべき物たち。

そんなに干す場所ある??部屋干しにも限界が。
そもそももうハンガーないし。

っていうか明日保育園に持って行くものはー???

軽くパニックになりました。

実は私、今までこういう心配をしたことがなかったんですよね。

洗濯物を干す作業は私もするのですが、
次の日の天気予報を見て、どこに干すかを考えてくれるのは
いつも夫がしてくれていることで
朝になって干す場所を移し替えたり、そんなこともいつもしてくれています。

私はただただハンガーなどに干すだけ。

「名もなき家事」を妻が担うことが多く
実際の家事の負担は妻にかかっている家庭が多いと何かの記事で読みましたが、
我が家の場合「名もなき家事」は割と夫が多く担ってくれています。

子どもの面倒は私がみることが多いですが
(「ママ、ママ」と指名されるので)
家事分担に関しては夫が多くしてくれています。

共働きで、夫の家事分担量に全く不満を抱いたことがない!

これって考えてみたら本当に夫に感謝すべきことなのかも。

職場で同世代、子育て中の女性同僚たちは家事分担のことで
旦那さんの愚痴が定番のネタだけれども
私はそこには全く参加することはありません。

夫には感謝しないとなー。




にほんブログ村


にほんブログ村

あさみ

2013年9月長男出産。2016年6月長女出産。
フルタイム正社員として働くワーキングマザーでしたが
切迫早産を乗り越え現在育休中で二人子育て