FC2ブログ

3歳児久々の登園&昼寝が変わる1歳2か月

二人育児
08 /31 2017
月火水とお休みをして
やっと今日息子が登園していきました。

教室に行くと久しぶりなので
数人のお友達が
「(息子)ちゃん、(息子)ちゃん!」と
寄ってきてくれました。

ありがたかったです。

当の息子はクールに振る舞っていましたが。

やはり息子が登園してくれると
ほっとしました。

元気になってくれた安堵もあるけど、
2人の子どもを1人で見ていると
やはり神経を2倍使っているようです。

特に娘が今は「歩きたい、歩きたい!」の時期なので・・・

未就園児2人のお子さんをお持ちのお母さんは
365日、この生活なんだなーと思うと、
本当に頭が下がります。

****************

そして、1歳2か月の娘、昼寝のリズムが変わってきたようです。

いつもは9時頃から朝寝、13時頃からまた昼寝の2回を昼寝を
ここ最近習慣としていましたが、

息子がいるので楽しいのか興奮するのか
朝寝を飛ばす生活になってしまいました。

今日は息子がいないので
ゆっくり朝寝できるかなと思いきや、寝ず!

出かける用事があったので
移動時間に寝るかと思いきや寝ず!

きちんとお昼ごはんを食べて、
腹ごなしを少々して、
自ら布団にゴロンとなって
トントンで入眠していきました。

リズムが狂っているせいもあるかもしれないけど、
そろそろ昼寝が1回になる月齢なのかもな。

過渡期は計画が立てにくく
お出かけの予定とか少々迷うけど、
合わせられるときは娘に合わせようと思います。




にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト

1歳2か月、添い乳の恐怖

第2子1歳児育児
08 /30 2017

息子も娘も完母で育てていました。

別に完母こだわりはありませんが、
たまたま母乳がでる体質だったし、
哺乳瓶の洗浄やミルク代のことを考えると
完母が一番楽だったので。

ただそのせいか、息子も娘も基本夜通して寝ることは
ありません。
息子は1歳2か月で断乳し、その後割と寝るようには
なりましたが、
完全に一晩起きずに寝るようになったと実感したのは
2歳1か月の時でした。
今は来月で4歳、夜はすっかり寝るようになりました。

娘は1歳2か月、現在進行形で夜間授乳しています。
好き嫌いなく何でも食べ、離乳食に関する苦労はほとんどなく、
日中は活動的なのでおっぱいは欲しがりませんが
夜は3時間おきに目覚めるので授乳しています。


ずっと添い乳はしていませんでした。
座って授乳。
なぜなら添い乳をするとやめられなくなる、
眠りが浅くなると聞いたので。

でも、娘が1歳になるか、ならないかの頃、
つい添い乳してしまったんですよね。
そして、思った。「添い乳、最高。楽!!」

授乳しながら体を休められ、
なんならウトウトできる。

なのでそれからついつい添い乳する日々になりました。

・・・そして数週間後?どれぐらい後だろう。

最近、娘起き過ぎじゃない?と思いました。
2時間おき、なんなら1時間しか寝ない時も。

暑いから?

そして思い至る。
まさか添い乳??

そう気づいてから添い乳は封印しました。
まだ頻回に起きるので
歯を食いしばりながら体を起こして授乳。

添い乳を辞めて2週間ぐらい?
やっと少し娘が寝るようになりました。
3時間ぐらい寝る時が増えるように。

やっぱり原因は添い乳だったんだなぁ。
添い乳、こわい。
もうこれ以上起きたくない。
子どもが小さいうちは夜中に起きるもの、というのは
息子の時で経験済み。
期間限定なのでがんばろうと思えるけど、
やはり3時間おきが限界です。

今日も娘、よく寝てくれるといいな。


添い乳に関しては私と私の娘の経験なので、
添い乳で上手に授乳ライフを送っていらっしゃる方も多くいらっしゃると思います。




にほんブログ村


にほんブログ村

悠長なこと言っていたら・・・

生活
08 /29 2017
昨日、「息子が保育園休み。3人でべったり一緒に過ごすのもいいなぁ」
などと悠長なことを言っていたら、

昼寝から起きた息子がまた発熱しており・・・
結局、今日も休んでいます。

今日も朝起きたら熱なかったけど、
今は昼寝中。
さて、この昼寝から起きたら熱が出てるのかどうか。

やっぱり万全の体調じゃないと心配。
一緒にいれると喜んでいられません。

早く元気になってくれますように。

「元気になったらプールに行こうね」という息子。

保育園のプールは明日が最後。
さて、入れるのだろうか・・・

まぁ、市民プールは屋内で年中やっているので
そっちに行きましょう。



にほんブログ村


にほんブログ村

夏を満喫してたら3歳児が熱出した・・・

二人育児
08 /28 2017
もうすぐ8月も終わりですね。

関東は今年は冷夏だったとか。
我が家は関西圏なので、それほど冷夏でもなかったですが、
この2,3日は夜涼しさを感じる・・・

8月の後半、家族で屋外プールに行ったり、
花火大会を見に行ったり、
地域のたいまつ祭りを見に行ったり、
お祭りに行ったり、お祭りに行ったり、お祭りに行ったり、、、

夏、満喫!と思っていたら
夜が涼しく寝冷えしたのか
息子が熱出しました・・・

昨日はおおむね38度前後。
今日は下がって37度。
(これは息子の平熱。)

念のため今日は保育園お休みしています。

早くよくなりますように。と思いつつ、
息子、娘と3人でべったり一緒にいれる日も
悪くないなぁと思ったり。
2人育児にも慣れてきたのかな。
2人の成長のおかげでしょうか。



にほんブログ村


にほんブログ村

4歳児ってすごいな。(息子ではありません)

3歳児育児
08 /25 2017
最近、娘が本当に頻回(基本2時間おき)に目覚めてくれるおかげで
とっても寝不足です。

3時間おきだと一晩で2,3回起きることになるけど
2時間おきだと一晩で4,5回起きることになる。

この差って結構大きくてヘロヘロ。

贅沢言わないから3時間は寝てほしいです。

おまけに昨日は途中で息子まで目覚めてしまい、

シーツを指して
「これ何?」とか言い出し、
「シーツだよ。まだ夜だから寝よう。」
「寝るよ。シーツって何?」
「シーツはシーツだよ!」
などという不毛な会話を繰り広げ・・・

そうこうしてるうちにお決まりの娘まで起きだし・・・

朝は眠くて、特に非はなかったけど夫にやたら
イライラしました・・・

八つ当たりごめん。

****************

さて、息子を保育園に送っていった時の出来事。

毎朝、出席シールをカレンダー風のノートに貼るのだけれど、
「これ、終わったらこっち?」と
息子が8月のページと9月のページをめくりながら
尋ねてきた。

すると、それを傍で聞いていた同じクラスのAくん。
Aくん「8月終わったら9月だよ。」
Aくん「9月になったら(息子)くんの誕生日だね。」って!!!!

正直息子本人ですら自分の誕生日が9月ってわかってるか
怪しいんだけど、

Aくんは、まだ1か月近く先の息子の誕生日を覚えてくれているなんて!

そもそも、よく知ってるね?!
何かの折に先生が話してくれたのかな。

そして、よく覚えてくれていたね!

びっくりして感心しました。

4歳児ってすごいね。

あー息子も来月には4歳。
なんかすっかりお兄さんになったよなぁ。
最近は寝る前の片付けをちゃんとできるように
なっていて感心。




にほんブログ村


にほんブログ村

ガラス恐怖症

生活
08 /24 2017
自分が使っていたガラスのコップを洗っていて、
欠けていたところがあって、
気付いておらず、指を切ってしまいました。

それなりに血は出ましたが、
2,3日もすれば傷も気にならなくなるような
大した傷ではなかったです。

ただなんだか自分の中でガラスのコップが
怖いという気持ちになってしまって・・・

そもそも欠けていた片割れが最初見つからず
いつ、どこで割れたのか、
息子や娘が怪我したらどうしようと
気が気じゃありませんでした。
(欠片は結局息子、娘の手が届かない
コップ立ての受け皿で見つかりました。)

普段使いのコップの数が足りなくなったので
買い足そうと思いましたが、
ガラスのコップは手に取ってみると、
「割れたらどうしよう。こわい」と
つい思ってしまい、
悩んだ末にセリアで100円のプラスティックの
コップを買い足すことに。

まったくおしゃれな生活とはかけ離れていますが、
まだまだ息子も誤って食器を落とすこともあるし、
娘に至ってはそこここでコップを床や机に打ち付ける年頃なので
今の我が家には割れないコップが合っているかな。

もう少し子どもたちが大きくなったら
おしゃれっぽいガラスのコップを買おうと思います。




にほんブログ村


にほんブログ村

続・仕事人生について振り返る~マイナス面について~

生活
08 /22 2017
昨日の自分の書いた「仕事人生について振り返る」を
読み返してみると、
随分と前向きだなーと感じました。

「職業」そのものについて考えると
魅力的な仕事だと思うし
続けたいと思うけど

仕事を続けることに迷いがないわけでは
ありません。
その要因は「自分の子どもに与える影響」です。

「3歳神話」をそのまま信じているわけではないけれど、
やはりずっと一緒にいてあげれずに寂しい思いをさせている
のは事実です。
(それが人格形成に影響があるかどうかは別として。)

息子が年少の学年になり、
保育園に行っていない同学年の子どもたちの多くも
幼稚園に通うようになり、
ずっと自分の心にあった罪悪感がすこし薄れたりしました。

それでも、保育園時代はまだ良いと思ったりします。
寂しい思いをしても慣れた先生と友達と
家庭だけでは経験できないことも経験したり
朝から夕方まで不自由なく過ごすことができます。

また私の職場は子どもが未就学児のうちは
時短制度や看護休暇などもあり、
(個人の内心はわかりませんが)
それを使うことは「当然の権利」として
認めている雰囲気があります。

でも、保育園を卒園して、小学生になったら・・・
私たち両親が先に家を出て
子どもが後に家を出ることになります。

学校が終わったら学童で過ごし、
そこで宿題などもすることになります。
4年生になったら学童もおしまいです。
小学校4年生の子どもが例えば夏休み1か月以上もの間
行くところもなく、子どもだけで過ごすのです。
(実際は学校のプールや習い事をするのでしょうが。)

私は自分の母が専業主婦だったこともあり
そういうことを考えると想像がつかず
不安になります。

本当に「働き続ける」という選択肢でいいのだろうか。

実際にその状況に直面し、
その時の私たちの家族の状態を見てみないと
どうすることがベストなのか判断できません。

子育て支援の充実が叫ばれる昨今ですが、
制度が充実すればするほど
選択肢は増えるのでありがたいですが、

私にとって必要なのは
制度の充実以上に
自分のキャパシティというか、
家庭と仕事の両立を追い求めることができるのかどうか、
結局「生き方」の問題だなぁと思います。

仮に働く必要のないほど十分に
お金を持っていたとしても働きたい、

仮に手厚く子どもたちの面倒を見てもらえる
環境があったとしても自分でみたい、

時間は有限なのでどちらも追い求めるのは
不可能なのかもしれません。

要はバランスの問題ですね。
自分の人生なので後悔しないように
自分で考えて選択を重ねていきたいと思います。





にほんブログ村


にほんブログ村

仕事人生について振り返る

生活
08 /21 2017
大卒すぐで働いた職場にいた時に懇意にしていた人が
久しぶりに連絡をくれ、
当時のことが走馬灯のように駆け巡り、
思い出されました。


思い返せばもう15年も前のこと!
その職場には4年いたけど、
今考えてもハードな職場だったことと
自分の未熟さが相まって、本当にハチャメチャな日々だったなぁ。

物理的に距離が離れてしまったため
当時お仕事でお世話になった方々と
お会いしたり、連絡したりすることはないんだけど、
本当にお世話になったよなぁ。

未熟な私に根気強く付き合いご指導いただいたなぁと
改めて感謝です。

その職場で鍛えられたおかげで、
少々のことでは投げ出さない、ということを学びました。

それから15年。
異動や転勤はあったもののずっと同業で働いています。

働き出してからの10年は本当に仕事ばかりしていた気がします。
とにかく仕事、仕事。
いつ呼び出されるともわからない仕事で
完全にプライベートとして息が抜ける時間はほとんどなかったけど
不思議と辞めたいと思ったことはなかったなぁ。

そして結婚して、出産し、職場復帰はしたものの2度目の出産を経て
現在は育児休業中。

なんだか遠くまできちゃったなという感じです。

1人目である息子を出産してからやはりライフスタイルが大きく変わりました。
職場復帰をしても、とにかく家庭第一。
というか、家庭第一にせざるを得ないですよね・・・
仕事面では正直第一線は退いた、という感じです。

周りの人に頭を下げながら、
早めに退社。
責任のない仕事はない職場だけど、
やはり負担の少ない仕事を回していただいたり。

次の春にまた職場復帰する予定ではあるけど、
やはり独身の時のようには働けないだろうな。

それはそれで仕方のないこと!

仕事人生、最初の10年はよく働いた。
次の10年は少しペースを落とそう。
そしてまた次の10年は、がむしゃらに働くことを目標に!

自分の仕事のことを振り返ると
やっぱりこの仕事が好きだなと思います。
辞めたくはない。

でも、人生の中で何よりも大事かと問われるとそうではない。
やっぱり家族が1番大事。

どちらかを選ばなきゃいけない日がくれば家族を選びます。
でもできる限り両方を追い求めたい。
それを許してもらえる環境、制度に感謝しながら・・・



にほんブログ村


にほんブログ村

夏休み 2017 その③

二人育児
08 /20 2017
息子の夏休み最終日は、夫は仕事が始まってしまいました。

暑くて屋外はつらいし、ということで
私の両親を誘い、みんなでイオンへ。

おじいちゃんに息子の相手をしてもらい、
おばあちゃんにお財布係になってもらう作戦。

私はイオン大好きなのですが、
夫がイオン、というか特に目的ない買い物が嫌いなので
家族で行くことはあまりありません。

なので、息子にとっては久々のイオン!
(娘は私が連れて2人で平日行ってるけど。)
ゲームコーナーやトイザらスで目一杯楽しんでいました。

主に息子の長袖、長ズボンなどを買ってもらいました。

息子が成長したなーと思うことは、
必要以上におもちゃをほしがったり、
ゲームコーナーから離れたがらないということが
すっかりなくなりました。

ちゃんとけじめをつけて次の場所に移れるように。

トイザらスでは母が「ポポちゃんのおむつを買う」と言い出し、
それを見た息子が
「僕も一つおもちゃ買う」と言い出したので、
(娘用のポポちゃんオムツを買う以上、息子のおもちゃを
むげには却下できないと思い・・・)

「じゃあ一つだけね。」と言って選ばせたのですが、

何を選ぶんだろうと私は内心ドキドキ。
特別な時でもないので大物であれば
説得してあきらめさせねば、と思ったのですが、
息子が選んだのは1000円程度の象のフィギュア。

これだけたくさんの中でこれを選ぶんだなーと
興味深かったですが、
息子なりに『ポポちゃんのオムツ』との釣り合いを考えたのかも
しれません。


イオンの後は実家に立ち寄りしばし休憩。

娘、息子ともに車の中で寝てしまい、
お昼寝を1回分そこで消化してしまったので、
その日の私の自由時間はなしになってしまいましたが、
両親とは会う頻度は高いのですが
長時間一緒に過ごすことが少ないので
いい一日になったなぁと思いました。




にほんブログ村


にほんブログ村

息子の成長~3歳児の時間感覚と聞きわけ~

3歳児育児
08 /18 2017
今朝の、「息子成長したなー」と思った出来事。

保育園に行く準備もほぼ終えた出発5分前のこと。

「ジョージ見たいな~。もう時間ない?」
と聞いてきたのです。

「そうだね。今日はもう時間ないね。
帰ってからみようか。」と提案すると、

「うん。帰ってから見るね。」と。

そして自ら「保育園行こう!」と立ち上がっておりました。

いや~こんな日が来るとは・・・


アンパンマンを見たことのない息子にとって
初めて大好きになったアニメが「おさるのジョージ」

1歳半ぐらいの時から大好きで
とにかく「ジョージ、ジョージ」と
寝ても覚めても言ってるときがありました。

多いときは1日3回ぐらいみていた時期もあります。

特に朝は習慣的に毎日見ていた(見せていた)時期も長くて、
出かける間際に「見たい」と言われて
時間がなく大炎上するのを防ぐために
ジョージを見る時間を逆算して
朝ごはん食べるのを急かしたりしておりました。

それでも朝の支度が遅くなり
「今日はジョージ見る時間ないよ」となって
大泣きして保育園に行く日もあった日々。

最近は成長に伴ってか、少し卒業傾向で
毎日は見ておらず
気が向いて暇な時に見るという感じになっていました。

朝にジョージをみることもなくなっていました。

そして今日になってふと「ジョージ見たい」と言い出したのですが、
こちらから言う前に

・「もう時間がないだろうな」ということをわかっていたこと
・そして見れなくても泣いたりせずにすんなり納得できたこと

この2つのことに関して半年ぐらい前より大きく成長しているなーと感じました。

後者に関してはジョージに対する執着があまりなくなっているせいも
あるとは思いますが。

気付けば息子の4歳の誕生日まであと1か月をきっています。

そんな息子、最近好きなアニメは「サザエさん」のようです。
自分はカツオだそうです。

主題歌を自分で替え歌にして歌ったりしていて
そんなところにも成長を感じます。






にほんブログ村


にほんブログ村

あさみ

2013年9月長男出産。2016年6月長女出産。
フルタイム正社員として働くワーキングマザーでしたが
切迫早産を乗り越え現在育休中で二人子育て