FC2ブログ

息子のことなど・・・

第1子5歳児育児
10 /18 2018
最近、本当に瞬きをする速さで一日が過ぎている気がします。

子どもたちの姿に日々癒されながら、
そして同時にイヤイヤやグズグズにイライラしながら
その日、その日を乗り切っています。

ブログを書く時間もあまり取れず、
どんなことを書けばよいか段々わからなくなりました。

イベントやお出かけの記録的なことを書こうかと
思ってもなかなかタイムリーに時間が取れなくて書きそびれることも多々。

子どもたちの成長、特に息子の発達について書きたいと
思ったりもするのだけれど、
そのために自分の考えを深めたり整理したりする余裕がなく・・・

マイペースに書ける時に書けることを書いて行こうとは思います。

発達の遅い息子の最近のことを少し書こうと思います。
保育園はあまり好きなタイプではなかったのだけれど、
さすがに1歳半から通っているおかげか
最近は行き渋ることもなくなりました。

保育園に通うことをごく当然の生活の一部として受け入れ、
彼なりに保育園に居場所を見つけているようです。

今、心配なのは小学校に入ってからのこと。
少人数で手厚い保育園と違いそれほど目をかけてもらえないと思うので
なるべく入学後に彼が困らないように
「自分のことは自分で。」というのを最近のテーマにしています。

例えば、保育園リュック。
「自分で持つ」というのはずいぶん前からやっていたけど、
どうしても「はい、リュック持ってね」、「ほら、帰るからリュック持っておいで」
などいう声かけをしていたのですが、

なるべくそういう声かけはしないで
自分で気づけるまで待つようにします。
忘れててもギリギリ玄関でる直前まで我慢。

あとは、おもちゃの片付けなども以前は早く片付いてほしくて
手伝ったりしていたのだけれど、
極力手伝わずに自分でさせるようにします。
取り掛かりも、かかる時間も長くなるけど
今は我慢の時、と思っています。

こんな感じで親子ともに頑張っていることもあるけれど、
やっぱりうまくいかないこともあったり。

特に最近、私が息子への接し方(考え方?)で良くないなーと思っていることは、
つい息子へのハードルが低くて、

「うん、うん、できなくてもいいよ。そこまででもよく頑張ったね。」
という考えが強すぎて、私自身の中で
「息子はできなくて当然。できなくても仕方ない。」
につながってしまっているような気がします。

こういう心の奥の気持ちって息子に伝わって
自尊感情が低くなってしまうんじゃないかなと
心配しています。

適切なバランスで息子の力を信じてあげること、
自分はやればできるんだという達成感を味わわせてあげることも
大事だよなー。

やっぱり、子育ていろいろ悩みます。

2歳3か月になりました娘は、、、
今はまだイヤイヤもきつくはなく、
イヤイヤ言うけど意外と切り替えが早いです。
おもちゃ貸したくなくてイヤイヤ言っても
貸してあげた後、「やさしいね。えらいね」と言ってもらえる醍醐味を
もうすでに知っています。

うん、なんか本当に心の機微とかそういうのが
わかってきているなーと感心。





にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト

息子が掘ってきた芋で作りました!

第1子5歳児育児
10 /14 2018
息子が保育園の行事で芋ほりに行き、
お芋を持って帰ってきました。

ちなみに乳児クラスの娘も、芋ほりには行かないけれど
お土産という形でお芋をもらって帰ってきました。

4本×2人で8本。
さすがに多いので実家に半分お裾分け。

余談ですが、芋ほりに必要な持ち物、
水筒、長靴、軍手、園芸用スコップ、ビニール袋だったのですが、

軍手、大人用じゃ大きすぎるよなーと思って調べると
ダイソーやセリアに子ども用の軍手が売っているとのこと。
さらに園芸用スコップもうちにあるのは少し錆びていたので
子ども用軍手とともに100均で購入。

本当に何でも100円で揃って便利な世の中だよなーと・・・

さて、せっかく息子が掘ってきたおいもだし、
息子と一緒に何か思い出に残るもの作ろうかなーと思い作ったのが
この2品。

◆おいものパウンドケーキ
◆芋ご飯

パウンドケーキはこちらのレシピで作りました
Cpicon すり混ぜナシ!さつまいもパウンドケーキ* by 耕ちゃんママ

バターと砂糖の量は我が家の好みでレシピより減量して作りました。

お芋の皮を向いて、包丁で切って、
レンジでチンした芋を潰す作業を息子にしてもらいました。

後は材料を混ぜるだけなので本当に簡単、かつおいしくできました。

家族にも大好評。

焼いたその日のほんのり温いのもおいしいし、
一晩たって、しっとりしたのもおいしいです。

ただパウンドケーキはクッキーなどと違ってすぐに焼けるわけではないので
(焼くのに40分かかるし、少し冷まさないと食べれない)
その点では子どもは待ちきれなくなるかもしれません。

我が家の場合はオーブンに入れたら
少しお買い物タイムなどを挟んで気分転換しました。
(夫に留守番してもらいました。)

そしてもう一品の芋ご飯。
これはもう私の適当目分量な料理なのですが・・・

毎日1.3合のご飯を炊いている我が家なので、
芋の分を減らして1合のお米で作りました。

1合のお米を洗って水加減も1合に。
お芋は少し皮を向いて、1センチ角の大きさに切る。
ちなみに使ったお芋は少し小さめのお芋一つです。
お芋を入れて、酒小さじ1、白だし大さじ1、塩少々。
調味料が混ざるようにぐるっとかき混ぜて炊飯スタート。

素朴な芋ご飯が出来ました。

息子が掘ってきたお芋。
息子と一緒に料理して、家族みんなでいただけて
楽しいひと時でした。

とはいえ、やっぱり子どものために
あれこれしてあげたいから、
いそいそとケーキなんか焼いて
やっぱり母って大変だよなーなんて思ったりもしました。



にほんブログ村


にほんブログ村

保育参観

第1子5歳児育児
09 /23 2018
ブログ書きたいなーと思うことがあるものの
なかなか時間が取れずに、いざ書こうと思うと、
「なんだっけ?」っていうことが頻繁に起こっています。

今日は午前中たっぷり外遊びしたら
二人同時に(ついでに夫も)昼寝してくれました。

絶好のブログ更新のチャンスです。


****************

先日、我が息子も誕生日を迎え、5歳になりました。

5歳。
本当に早いなぁ。
最近は小学生になったら、勉強机どうしよーとか、
1人で登下校できるんかなーとか、
入学後の心配などが出て来て、

もう息子も小学生になることを視野に入れる歳になったとは
本当に早いものです。

さて、うちの保育園では誕生日月に該当園児の保護者だけが
保育参観できるという制度があり、
ほとんどの保護者が誕生日当日の誕生日会に合わせて参観をしています。

だから子どもたちは「誕生日会にはお父さん、お母さんが来る」という認識です。

なので、これは何としてでもこの日に休みを取らないと!
もうこの日に休みをとるために事前に根回ししまくって、
引継ぎして、頭下げて万全の体制で当日に挑みました。

(次の日出社してみると特に大きな滞りなかったようで一安心。)

ちなみに息子のクラスでいうと誕生日会には父母揃って来られる家庭が8割ぐらいで、
みんなお父さんもよく休めるよなーと思いますが、
その話をすると夫も休みをとってくれました。

みんな共働きなので母だけが休みをとるという概念も薄いのかもしれませんね。

当日の誕生日会、会の間、クラスのみんなが息子を祝ってくれて参観させてもらっていても
とてもありがたく、うれしかったです。

あいにく天気の悪い日だったので、ずっと室内遊びだったのですが、
みんな折り紙、おままごと、ボードゲームなどをして過ごしました。

私と夫も絵本を読んだり、折り紙を頼まれたり(これがまた難しい)
引っ張りだこで大忙し。

でもみんな可愛くてとても楽しい半日でした。

給食を一緒に食べて夫は仕事へ。
私と息子は二人でエキスポシティでデートしました。
息子と二人で過ごす時間は貴重で、とても楽しかったです。娘と二人のお出かけよりも断然楽!
娘がいないことを少し寂しく思いつつ。
誕生日ぐらいこんな時間があってもいいなと思いました。


にほんブログ村


にほんブログ村

あさみ

2013年9月長男出産。2016年6月長女出産。
フルタイム正社員として働くワーキングマザーでしたが
切迫早産を乗り越え現在育休中で二人子育て