母帰る

二人育児
05 /20 2018
泊まり出張から帰ってきました。

出張に行くこと、子どもたちに告げたのは
前日の夜。

あまり早くから言いすぎて不安にさせたくなかったので。

出発する日の朝、息子はやはりめそめそ泣きました。
だけど、しばらくめそめそ泣いたら
自分で涙を拭って気持ちを切り替えていました。

息子のそういう所が健気で、
とても切なくなります。

娘は朝からおばあちゃんが来たことと
母と兄が話していた様子から何かを悟ったようでした。
おばあちゃんが来てからはずっとおばあちゃんに抱っこされてたけど、
私が家を出るときには「バイバイ」してくれました。

母の留守を守ってくれた息子と娘に本当に感謝です。
夜中、1人で子どもを見ててくれた夫にも感謝。
(幸い寝付いてからは二人とも起きなかったそうです。)
子どもの晩ご飯、保育園の送迎を担ってくれたのは
私の実家メンバーです。感謝しきれません。

そんな家族に支えられての出張は過酷でした・・・

帰らなくてもいいから時間の概念がない・・・
最終ミーティングが23:30開始で、次の朝6:00業務開始とか、
ほんと意味不明。

でもやっぱりやりがいを感じる瞬間もあり・・・

仕事と育児、どちらも素晴らしい点があり、
どちらもしんどい点があります。

帰宅して思ったこと、独身ならこの週末2日、好きなだけ寝て
思いっきりダラダラして自分を癒すことだけに使えるのにー。

子どもがいるとそうはいきませんよね・・・

いつも以上に二人とも母にべったり。

それでもこの週末の2日間を子どもたちと過ごして、
子どもと一緒にいることの幸福は何物にも代えられないと
思いました。

どんな仕事でもこれに勝ることはないな。


週末、子どもたちからたくさんエネルギーをもらいました。
さぁ、来週も頑張ります!!



にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト

天王寺動物園

二人育児
05 /05 2018
天王寺動物園に行ってきました。

我が家からは高速を使って30分程度。

電車でも行けるけれど、1歳10か月の娘を連れて移動することを考え
車で行きました。

8時45分ごろ出発で9時15分ごろ到着。

駐車場は夫任せにしていたんだけど、
動物園からすぐの新世界のコインパーキングに入れようとしたら
特別料金で1時間1500円・・・

もう、目ん玉飛び出るわ。

新世界をうろうろしてるおっちゃんにその衝撃事実を教えてもらい
とりあえず1時間900円のところに入れました。

それでも高いけど、もう致し方なし、払いました。

動物園は9時半オープンで
その10分ほど前にゲートに到着。

並んで待ちました。

中に入ってすぐにサバンナゾーンへ。

キリンやライオン、トラなど見ごたえある動物の勢ぞろいでした。

このゾーン、オープンと同時にいったのでそれほど混雑なく
じっくり見れました。

実は帰る直前の昼過ぎにも
最後にハイエナ見たいという息子のために行ったのですが、
もう大混雑。
とても動物をじっくり見れる状況ではなく、
早めに行っておいてよかったと思いました。

サバンナゾーンが終わった後は
ぶらぶらしながら、
アイス食べて休憩したり、
また歩いたり、ランチしたりして
お昼ごはん食べてそこそこで帰路に就きました。

上にも少し書いたけど
さすがGW。
最初はそれほど混んでるとも思わなかったんだけど、
昼前から人がとても増えてきて
なかなか動物をゆっくりみるのが難しかったです。
朝早くから来てよかったと思いました。

子どもは二人とも動物好きなので
とても喜んでいました。

予想通りではありましたが
娘は念のため持って行ったベビーカーに
まったく乗ってくれず、それが辛かった。

歩くのは遅いし、
それでも歩いてくれればまだいいんだけど、
要所要所、動物が怖くて「抱っこ、抱っこ」の嵐でした。

しかも終盤にはなぜか「おんぶ」と言い出して、
エルゴなどもないのにそのままおんぶ。
まだ1歳10か月で体幹もしっかりしておらず
非常に歩きにくかったです。

家に帰ってからも
私「○○見たよね?」
娘「見たね!」
息子「かっこよかった」

という会話が幾度となく繰り返され、
とても楽しいGWの思い出となりました。




にほんブログ村


にほんブログ村

最近の子どもの様子

二人育児
04 /27 2018
やっとゴールデンウィークだー!
今年はカレンダー通りなのでとりあえず3連休です。

思ったより早く過ぎました。
体はまだリズムがつかめずに疲れるし、
仕事自体は、うまくいったり、いかなかったりなのですが、
職場にはすっかり慣れたなーという感じです。
全然気後れとかしません。
我ながら図々しい性格なのかな、年齢のせいもあるのかな。

子ども2人も本当によく頑張ってくれています。


まだ朝の別れは泣くことが多いものの
保育園生活をだいぶ楽しみ始めているようです。

先生にもよく見ていただいているようだし
お友達の顔や名前もだいぶ覚えて関わりも増えているようです。

迎えに行った時の様子を見ると、正直息子よりも
安定して過ごしている感じ。

家ではイヤイヤ期、自己主張期に足を突っ込み
常に台風の中心にいる感じです。
とにかくよくしゃべり、よく泣き、よく怒り、よく笑っています。

そして息子にはなかったパパ、パパ期。
「パパと!」とよく言っています。
母は少し寂しいけど、でも楽させてもらってます。


息子、
もう彼には感謝、感謝です。

自己主張しまくる妹とそれに翻弄される両親の間で
妹をとても大事にしてくれています。
後回しにされることも多いけど、
ちゃんと待ったり、自分でできることをしてくれる。

保育園の朝は娘を先に送り息子の教室に駆け付けるのですが、
「(妹)ちゃんどうしてた?」と必ず聞いてくれます。

ただずっと以前から指摘され続けていた
友達との関係が希薄な点はあまり改善されておらず、
先生にも気にかけてもらっているはずなんだけど、
お迎えに行くとポツンと1人で絵本を読んでいたり、
1人で遊んでることが多く、
母としてはやはり切ないです。

1人で過ごすこと自体は本人にとっては苦痛ではないのでしょうが、
このままでいいんだろうかという気持ちになります。
かといって親が描く理想像を押し付けるのも
また違うのかな、と思ったり。

この点でいうと娘の存在が非常にありがたくて
家では望むと望まざると息子が子ども(妹)と濃密に関わりを
もつ機会があるというのは
彼にとって貴重な機会だなーと思います。

さて、明日は夫は仕事。
ワンオペの休日ですが、そんなの全然気になりません。
とりあえず仕事休みなので子どもと3人でのんびりしようと思います。




にほんブログ村


にほんブログ村


    

  

いいのか悪いのか

二人育児
04 /18 2018
我が家の台所シンクの排水パイプ(?)が水漏れしました・・・

育休で2年間家にいたのに、なんで今?
もう業者の人に来てもらうのも一苦労・・・
帰宅後は分刻みのスケジュールなので
そんなイレギュラーなことに対応する隙間ないよ・・・

結局何度も来てもらう必要があり
実母に留守番頼んだりでなんとか対応しています。

娘もだいぶ保育園には慣れてきたようですが、
まだ教室の前まで来ると号泣します。

なぜか車を降りて靴箱に靴をしまったりとか
その辺は余裕でむしろ兄をおちょくったりしてるのに・・・

今日は日中の保育園の活動の中で
息子と娘が遭遇する場面があったらしく、(普段は全く会わない)
「ちぃたーん」と号泣して息子の後を追いかけてたらしい。

息子は不器用な性格なので
さぞかし戸惑っただろうと思う反面、
それだけ兄を慕ってる状況をうれしく思ったり。

さて、そんなこんなで子どもたちもそれぞれの場所で頑張ってくれてるんだけど、
ふと考えたことがあるんですよね・・・

なんか、子どもたちのこと全然心配したりする暇がないなってことを。

息子は発達が遅く、年齢よりも幼く
とても人見知りというか内弁慶というか
心を開きづらいタイプで
今までいろいろ心配してきたり
あれこれ気を回したりしてきました。

だけど、現状、日中は息子のこと思い出したり心配したり
する暇がほぼない。

保育園に行き始めたばかりの娘。
朝は大号泣でいつも別れるのだけれど、
息子と同じく、日中は全く思い出しません。

保育園にお任せしていて、
必要以上に悩まなくて良くてそれはそれでいいのかもしれないけれど
本当にこれでいいのかとふと考えます。

いいのか、悪いのか。

でも自分の子どもたちのことを第一優先に考えないとなー。




にほんブログ村


にほんブログ村

心境の違い

二人育児
04 /06 2018
やっと一週間終わったー!
たかが5日、されど5日。

激動の一週間でした・・・

この一週間はやはり気が張っていたので
アドレナリンが出ているのか
もちろん疲れたけど、それどころじゃない!と
気力に満ち溢れて過ごしました。

でも、ちょっとスピードダウンしたい。
それが本音です。

さて今週は娘の入園式もありました。

息子の入園式ではね、涙を我慢しきれませんでした。

こんなちっちゃくて、こんなかわいい子を
預けて働いていいんだろうかと、
自責の念に駆られました。

娘の入園式は、少しウルっとはきたけど、
泣きませんでした。

息子が発熱していたり、それどころじゃない
ということもあったり、
兄ちゃんもがんばってるんだから、
娘にも頑張ってもらうしかないと
少し割り切れた気持ちになりました。

そういえば息子を預けた最初の一週間は
通勤も、泣きながら車運転したっけ。
息子を置いて保育園出るときも泣いてたっけ。

なつかしく思い出されます。

娘に対してそういう気持ちがないわけじゃないけど、
号泣する娘を1歳児クラスの教室で先生に託した後、
1人で自分の教室で準備している息子の元へ
大急ぎで駆け付けなければいけないので
正直感傷に浸ってる暇ないです。

家で愚図りまくる娘に対して
申し訳ない、もっとそばにいてあげたいという
気持ちもわくものの、今回は私、泣いてません。

こうして母は強くなるんだなと思いました。

娘を出産した後の保健師さんの家庭訪問で
言われた言葉。

「いくつになっても心配なのは第1子。
二人目は上の子が歩んだ道をまた進んでいくだけだからね。
余裕もってみられるよ。」

本当にその通りだなと思います。
おそらくもっと先のことまで見越した言葉なのだろうけれど。
早くも実感しています。






にほんブログ村


にほんブログ村

あさみ

2013年9月長男出産。2016年6月長女出産。
フルタイム正社員として働くワーキングマザーでしたが
切迫早産を乗り越え現在育休中で二人子育て