二人目出産レポその③

第2子マタニティ
09 /29 2016
昨日の娘の発熱。
昨日の夜には下がりかけ、今日の朝にはすっかり下がっていました。

なので、予防接種の副反応なんだろうと思います。
今回出たということは次回も出る可能性があるのかなぁ、
気を付けなければ・・・

さてさて、娘の出産レポその③です。

**********

娘は出て来てくれて、その瞬間思ったこと。

「ふぅ~終わった。」

よく生まれた瞬間涙が・・・とか聞くけど、
私は一人目の時も、今回の時も、正直な気持ちは
「この痛くて辛い陣痛がやっとおわったーー」という安堵の気持ちなのです。
自己中心的なようですが、それが一番最初にくる感想。

そして次に
「無事に生まれてくれてありがとう。」
「どんな赤ちゃんかな、早く抱っこしたい」などなどです。

ちなみに夫は「動いている姿をみると感動して泣きそうだった」と
言っていました。

娘も生まれてすぐ産声をあげてくれ、
助産師さんがお顔を見せにきてくれました。

それから胎盤を出したり、会陰切開したところを縫ったりの処置なんだけど・・・

胎盤を出す後産がものすごく痛かったです。
一人目の時はなんとも感じなかった。
むしろ陣痛の痛さに比べたら、痛みなんて感じないという感じだったけど、
今回は、すごく痛くて、なんかいきみたい感覚になったりしました。
先生も「必ず自然に出てきますから」と言いつつ
「なかなか出ないわねぇ」とかなり手こずっているようでした。

そして、今回の出産でも「出血が非常に多いです」と言われました。
1600mlの出血だったようです。
でも、本人は横になっているし、産後ハイなので
そんなに気になりませんでした。そのときは・・・
その後、「初めてのトイレ」で貧血で倒れたり、
入院中鉄剤を点滴したり、やはりかなりの貧血になりました・・・

カンガルーケアをしながら思わず夫に言った言葉。
「幸せ。」
たぶんこの気持ちは一生忘れないと思う。

私の出産時間が朝8時30分ぐらいと、ちょうど日勤の始まる時間だったせいか、
夜勤のスタッフと日勤のスタッフ、挙句に看護学生さんの見学なども入っており、
かなりの人に見守られての出産になりました。


にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 切迫流産・切迫早産へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

二人目出産レポその②

第2子マタニティ
09 /28 2016
すごい湿気で過ごしにくい。今日はなんだか寝てばかりの娘。
そんな二人目の娘の出産レポその②です。

**********

分娩室に入ったのは午前3時ぐらい。

陣痛は相変わらず10~5分置きぐらい。

痛いのは痛いけど生まれる痛さじゃない。
こんなんじゃまだまだ生まれない。

一人目の時は活用しなかったテニスボールで
夫にお尻を押してもらう。
これ、ほんとに陣痛の痛みが和らいだ。

一人目の時はあっという間にMax痛くなって、
あっという間に生まれたけど、

今回は陣痛の合間にウトウト寝てしまうことがあるぐらい
なかなか激しくならない・・・

担当助産師さん「朝になって診察が始まったら促進剤を少し打ったりして
絶対に今日中に産んじゃいなさい。」と。

そんなのらりくらりの陣痛をやり過ごして午前7時過ぎ。
朝食が運ばれてくる。
この朝食、痛みの合間にだいぶ食べました。
お腹すいたし。

でも、吐いたらいやだなーと思って、食べれるけど控えめにしておいた。

そのあとは尿意を感じて自力でトイレに。

このとき7時30分ぐらいだと思う。

朝食から帰ってきた夫に母にメールしてもらう。
「まだまだ時間かかりそうです。息子の様子はどうですか?」

息子は無事に目覚めて、朝ごはんも食べて保育園に行けそうらしい。
「よかったねぇ。」と二人で一安心。

・・・と突然陣痛を感じたときに破水した。

お股から垂れてくる感覚。破水だと確信。
夫に助産師さんを呼んでもらう。

・・・と急に陣痛が激しくなる。
のらりくらりなんて言ってられない痛み。

内診してもらう。
前回3センチぐらいの開きだったので
まだまだだろうと思うと、いきなり
「もう8センチまできてる!あと少しよ!!」
え?もう??

陣痛の痛みも激しくていきみたーいという感じに。
でも「まだだめ」と言われるだろうと思いつつ一応
「いきんでもいいですか?」と聞くと
「うん、もういいよー。」って展開はや!!

いきみ方の指導は正直前回より甘かった。

経産婦だから、と思われているんだろうけど
いつどうやっていきめばいいかわからん。
闇雲にいきむ感じ。

すると突然に
「次切りますねー」と。

正直、「はいはい切ってください。」という感じ。
痛くてしょうがない。なんでもいいからなんか手立てして、と。

「次陣痛きたら生まれるよー。次は軽くいきんでね。」と
え?もう??
なんか展開が早い・・・という二人目出産。

ドゥルンという感覚がして娘がこの世に誕生してくれました。




にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 切迫流産・切迫早産へ
にほんブログ村

二人目出産レポその①

第2子マタニティ
09 /23 2016
あと数日で娘も生後3か月。
出産レポだけはしっかり記しておきたい!と思いつつ。
もうすでに記憶があいまいになってきている・・・

ので、なんとか思い出し、やっとのことでレポを書いておきます。

*******

息子の時も切迫早産になったわりに、予定日を5日も過ぎて出産した私。

二人目の時も、無事に?何事もなく出産予定日を迎えました。

「まぁ、まだ生まれないよね、やっぱり」と思いつつ。
息子が生まれた40週5日ぐらいになると、
本当にそわそわ。
毎晩のように、お腹痛いような気がする・・・と陣痛を疑ってみたり。

でも、前回と今回で自分の気持ち的に違っていたのは、
「お産は体力勝負。そして出産後は眠れない」と
身をもって知っていたので、夜中にお腹が痛くても
「アプリで計測」などという無駄な体力は使いたくない、
規則的だろうが不規則だろうが、本陣痛が来たら痛くてとても寝れない、
寝れるうちは体力温存、温存ととにかく睡眠確保に努めていました。

だから気付いたら朝、何事もなく。みたいな日が続き
いよいよ明日で41週という日もいつもと変わりなく
息子のそばでグースカ寝ている私でした。

・・・が日付の変わった1時頃。
「いたー」
腰が痛くて目が覚めた。
目が覚めた瞬間わかりました。
「そうだ、これが陣痛だ。これが陣痛の痛みだ。
昨日までの張りや痛みとは全然ちがう。」

そこでアプリで計測開始。
約1時間計測して10分間隔であることを確認。

病院に電話しようと布団から起き上がる。
夫も気づいて声をかけてくれる。

「陣痛きたみたい。」

と答えて病院に電話。

助産師さんにつないでもらい
41週であること、10分間隔で陣痛があることを伝えると
「とりあえず病院おいで」と言われる。

実家に電話。
母にすぐに来てもらい息子をみていてもらう。

家をでる直前に息子の顔を見る。

「これから1週間会えなくなるんだな」と思うと
愛しくて名残惜しくて仕方なかった。

もし夜中に目を覚ましてパパもママいないことに気づいたら・・・
と思うと心配でたまらなくなった。

後ろ髪をひかれつつ夫と病院へ。

病院についた産科のある3階に。
陣痛の痛みはあるものの、
「まだまだこんな痛みじゃ生まれないよなぁ」と
感じていた。

その日担当だったのは割とベテランぽい助産師さん。
のんびりした口調の人だったけど、
「もう41週でしょう。何が何でも今日産んでいきなさい。」
と言われた。

その時出産中の人がいなかったので、
陣痛室ではなく分娩室へ・・・

その2に続きます。


にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 切迫流産・切迫早産へ
にほんブログ村

40w1d 伝説のスシ○ーへ

第2子マタニティ
06 /21 2016
最近の息子は、自動車図鑑に出てくるサファリバスを指しながら
「今度、ママと、ネコのバス、乗ろうね。」と笑いかけてくる。

たどたどしい言い方と笑顔がめちゃくちゃ可愛くてたまりません。

でも、今朝は朝ごはん食べながら
「今度、ママと、タクシー乗りたい」
と言いながら号泣。
「うん、乗ろうね」と答えたけど、機嫌治らず。
何が、そんなに悲しかったのかは不明。
そんな2歳児です。

*********

予定日超過して過ごしています。

現在の困りごと。
暑くて暑くてたまらない。
寝てると寝汗がすごい。
夜は湿気と暑さで眠れない。

夫曰く、「そんなに暑くないよ」と。

やっぱり妊婦だから?
でも、幼児の息子も寝汗びっしょりで寝ています。

そんな予定日超過1日目の今日、
昼食に、足を延ばして徒歩20分ぐらいの
廻るお寿司の「スシ○ー」へ。

というのも、息子を予定日超過5日で産んだ日の昼にも
スシ○ーに行っていたのです。

「そんな遠くまで無理して。」と夫には渋い顔されたものの
その日の夜中に破水、無事に息子を産んだのです。

だから、今回もそろそろ生まれてこないかなーとの思いを込めて
スシ○ーへ、てくてく。
無事にお寿司を満喫して帰宅。

さぁ、今日の夜、何かが起こるのか起こらないのか。

もちろん赤ちゃんのペースで良いと思いつつ、
そろそろ生まれてもいいんでない?と思う今日この頃。
重いお腹が辛くなってきました。


にほんブログ村 マタニティーブログ 切迫流産・切迫早産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村

40w0d 出産予定日

第2子マタニティ
06 /20 2016
今日は6月20日 出産予定日です!

まだ生まれていません。

22週で切迫早産になり、早産の恐れがあるといわれ
安静生活することおよそ3か月。

予定日までしっかりお腹にいてくれました。

ありがとう。二人目ちゃん。

実は長男の時も切迫早産で、その後40w5dまで生まれてこなかったので、
きっと今回もそんな感じだろうと思います。

ただ今回は長男が一緒なので、
「二人きりの外出時に破水したらどうしよう。」と
どんな出産になるか少しドキドキしています。

周りからは「まだ?」みたいに言われるけど、
ママのお腹の中が居心地いいのだろうと思って、のんびりします。
長男とラブラブする時間もたくさん取れるしね。

夜になるとお腹痛くなるときもあるけど、
1人経験して言えることは、こんな痛さじゃ生まれてこない!

さぁ、今回はどんな出産になるのかな?

にほんブログ村 マタニティーブログ 切迫流産・切迫早産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村

あさみ

2013年9月長男出産。2016年6月長女出産。
フルタイム正社員として働くワーキングマザーでしたが
切迫早産を乗り越え現在育休中で二人子育て